메뉴바로가기 본문바로가기

ジュエリー信頼の証

관리자 | 2022-05-11 | 朝会 44

 

 

 

 

 

ジュエリー信頼の証

 

国際規格(ISO)認定の証

 

 

1996年、京セラは日本の宝飾業界で初めて『常に一定の品質を保ち製造するための品質システム』をもつことを証明する、国際規格ISO9002の認定を受けました。翌年の1997年には『顧客の満足』を目的にしたISO9001、そして環境マネジメントシステムに関する国際規格ISO14001の認定を受けています。

京セラの想いは、「宝石を身につける喜び」を多くの人に知っていただき、心の豊かさをお届けすること。
お客様に確かな技術をお届けし喜んでいただけるように、品質と環境の両面から継続的に努めています。

 

 

 

GIAに準拠した品質検査 

 

 

 

GIA(米国宝石学会)は世界で広く認められている機関で、ダイヤモンドの品質と信頼性に関する”4C”が記載されたグレーティングレポートは、世界基準として尊重されています。

ただカラーストーンには、ダイヤモンドの4Cのように、品質を検査するための厳密な判定基準がありません。そのため、品質を保証する鑑別書も義務化されていない現状があります。

そこで京セラでは、GIA(米国宝石学会)と共同で、カラーストーンの判定基準を設けるプロジェクトを進行中です。美しさの判断が曖昧になってしまっているカラーストーンにおいても、GIAに準拠した判断基準を採用し、確かな品質の宝石をご提供できるよう努めて参ります。

 

 

一級技能士による熟練の技術

京セラのジュエリーは、貴金属装身具製作検定一級技能士の資格を持つ、熟練の職人によって創られています。一級技能士は、手作業で0.05mm以内の誤差にとどめる精度が要求される国家資格です。高い技術により、繊細で輝くジュエリーが日々生み出されています。